人が悪口に惹かれる理由

悪口は悪いことだと子供の頃から教えられているにもかかわらず、悪口を言う人はいなくなりません。

むしろ悪口を言わない人の方がおかしいとまでいわれることもあります。

わた悪口を聞かされる人も同意や共感によって、その悪口に喜んで参加する場合もあります。

人はなぜ悪口をやめられないのでしょうか?

今回は人が悪口に惹かれてしまう理由について考えてみます。

悪口は好奇心をそそる

人は悪口はいけないことだとわかっていても、声を潜めて人の陰口を言い、それを聞いた人もまたその悪口を周囲に広めます。

その原動力となるのは人間の好奇心と言うことができるでしょう。

人間は好奇心の強い動物

人間以外の動物にも好奇心はありますが、ほとんどは子供の頃に限られていて、成熟するとむしろ警戒心の方が強くなり好奇心はなくなります。

猫などは動物の中でも好奇心が強いといえますが、それ以上の好奇心を持つ動物が人間なのです。

子供の頃に好奇心が強いのは、はじめて見るものばかりということもありますが、怖いものを知らないからと言う理由もあります。

何でも口に入れてしまうのが子供ですが、大人になると知識や経験から何でも口にすれば、病気になるということが分かります。

そのため、何にでも好奇心を示すことはなくなりますが、悪口には強く好奇心を感じてしまいます。

なぜかというと人は隠された真実を知りたいと思う気持ちが強く、興味を引かれるからです。

悪口を言うことは一種のタブーですが、そのタブーを犯してまで話す悪口は真実だと信じられやすいのです。

よく悪口や噂話を言う前に「ここだけの話だけど・・・」「あなただから話すんだけど・・・」と言う前置きを聞いた人は多いでしょう。

こうして話を始められると話の内容は真実だと思いやすいのです。

たとえば、映画やドラマの制作秘話、裏話といった番組があれば、視聴率が高くなるのと同じで、人は裏情報に関心が高いのです。

しかも「ここだけの話」ほど広まりやすいという矛盾も含んでいます。

話を広めたければ「ここだけの話」や「絶対に秘密」と言えば、広まりやすいのは事実なのです。

悪事千里を走る

悪事千里を走るということわざは、悪いことほど伝わるのが早いという意味ですが、悪口も伝わるのが早いのはなぜでしょうか。

ある会社の上司が仕事で失敗したときに、それを部下のせいにして謝りに行かせたという話を聞いたとします。

この話をした人が「ここだけの話だけど」と言ったとしても、こうした話は必ず広まります。

それは人の好奇心を刺激する内容の話だからです。

反対に上司が素晴らしい人で尊敬しているという話を聞いたとしても、その話をだれかに伝えようと思う人はほとんどいないでしょう。

自分のミスを部下になすりつけたという話は、社内では一種のゴシップ話になります。

しかし、上司が素晴らしい人だという話は、聞いた人にとっては「あ、そう」ですんでしまう話なので好奇心は刺激されません。

人はゴシップのような秘密めいた話に好奇心をそそられるのです。

そしてその話を知らない人に「ここだけの話」として伝えることで、一種の優越感を覚えることになります。

また、人には直接関わりがない話で、しかも最初に言ったのは自分ではなく、ただ単に聞いた話であることも伝えやすい要素となります。

しかも、「ここだけの話」という言葉を付け足すことで、内緒だよと言う念を押すことになるので、噂が広まっても自分のせいではないという言い逃れもできます。

秘密だと言ったのに話した人が悪いというりくつですが、自分のことは棚に上げています。

こうして秘密の話はここだけの話としてどんどん伝わっていくので、悪口も千里を走ることになります。

「悪事千里を走る」ということわざの通り、昔から人間はそうでした。

誰かが不幸になれば自分が幸せになる、という人間が多いのです。

ツイッターって、面白いこと書いても広まんない癖に悪口はあっというまに広ま… – Yahoo!知恵袋

まとめ

悪いことや悪口をほど広まりやすいのは、人が秘密や内緒話に好奇心を覚えるためです。

いい話や感動的な話が悪いことほど伝わらないのは、どこか偽善めいていて好奇心をそそらないからかもしれませんね。

みなさんも他人の好奇心をそそるようなことはしないようにしましょう。

コメントを残す