スマイル・ノッド・カップリング

スマイル・ノッド・カップリングとは、微笑みと頷きの組み合わせという意味で、対人コミュニケーションにおいてはこの組み合わせが、最も相手のポジティブな感情を引き出すと言われています。

スマイル・ノッド・カップリングは香港の研究チームの実験によって提唱されています。

スマイル・ノッド・カップリングの実験

香港の研究チームは笑顔のトレーニングをした俳優を顧客サービスの従業員として、被験者に対して様々なパターンで接客をさせています。

同じ笑顔でもデュシェンヌ・スマイルと呼ばれている目尻が下がり、口角と頬が引き上がっている笑顔(本物の笑顔)や、口の周りだけで微笑む笑い(偽の笑顔)というように、いくつかのパターンに分けて実験をしています。

その結果最も相手にポジティブな感情をもたらしたのが、デュシェンヌ・スマイルと頷きの組み合わせでした。

ちなみに偽の笑顔はすぐに見抜かれてしまうので、あいてにポジティブな感情を与えることは有りませんでした。