戦うか逃げるか反応

戦うか逃げるか反応は、1929年にキャノンによって提唱された動物が恐怖に直面したときの反応を言います。

戦うか逃げるか反応以外に以下の名称もあります。

・闘争か逃走か反応(闘争・逃走反応)
・戦うか逃げるかすくむか反応
・過剰反応
・急性ストレス反応・
・火事場の馬鹿力

戦うか逃げるか反応では動物が恐怖に直面すると、自分自身に戦うか逃げるかの判断を強制します。

このときに通常ではできない力を発揮することもあるので、火事場の馬鹿力とも呼ばれます。