ゴドウィンの法則

ゴドウィンの法則とは、インターネット上の議論が長引くほどヒトラーやナチスが引き合いに出される確率が高くなるという法則です。

ゴドウィンのヒトラー類比の法則とも呼ばれています。

弁護士のゴドウィンが1990年にこの法則を提唱したときは、特定のニュースグループでの議論が対象でしたが、その後あらゆるインターネット上の議論に対して使われています。