同情論証

同情論証とは、徴収に対して感情に訴えることで話題の論点をすり替えて、同情票を得ようとする論証手段のことを言います。

たとえば、死刑を撤廃すべきという意見に対して「遺族がかわいそうだ」と反論することも同情論証の一つです。

似たような論証にガリレオ論証やガリレオ詭弁があります。

ガリレオは地動説を主張して協会などから迫害を受けましたが、結果的にガリレオが正しかったことに由来します。

つまりガリレオは非難を受けたが正しかったから、非難を受けている自分も正しいとする論証です。

同情するべきことと論拠には何の因果関係もないのと同じように、避難されることと正しいことにも因果関係がなく詭弁となります。