アルベド知覚

アルベド知覚とは、太陽光の下から蛍光灯の下に照明条件が変わったとしても、同じように白いものを白と認識できるよう一定の明るさが保たれることを言います。

なお、アルベド(albedo)とは、物体の表面に入射した先に対する拡散反射した光の総量の割合を意味する天文学用語です。