ギャング・エイジ

ギャングエイジとは、集団の規則を理解し始める年齢でルールを守る一方で、仲間の言動に流されやすくなる時期のことを言います。

9歳ころから傾向が表れるので9歳の壁とも呼ばれています。

本来のギャングエイジではサッカーや野球など集団でスポーツができるくらいの集団を形成します。

ギャングエイジはギャングのように集団を形成するということから名付けられているのです。

しかし、最近の傾向としてはそれほど大きな集団が形成されない傾向があり、集団の中での立ち位置や調和の取り方ができない子供が増えています。

つまり、ギャングエイジを経験せずに成長してしまう子供が増える傾向にあります。