80対20の法則

80対20の法則とは、パレートの法則とも呼ばれていて「結果の80%は20%の原因から生み出される」という法則です。

パレートはこの法則を提唱した経済学者で、この法則から「2:6:2の法則」が生まれたと言われています。

「2:6:2の法則」とは働きアリは全体の29%が常に働き60%が働いたりサボったりを繰り返し、のこりの20%はまったく働かないという法則です。

80対20の法則の例

マーケティングでの80対20の法則を考えてみると、売上の80%を占める20%の顧客へのアプローチをすることで、効率よく売上を上げることが可能になります。

たとえば、年に1回クリスマスケーキや誕生日のケーキを買いに来る顧客にアプローチするよりも、週に1回は買いに来る顧客に対してアンケートをとるなどで潜在的な需要を探ることができれば、売上に大きく貢献することができます。