フレッシュスタート効果

フレッシュスタート効果とは、行動経済学者のケイティ・ミルクマンが提唱するモチベーションを高める手法です。

簡単に言うと、物事を新しくはじめる場合は、本人が新しいスタートだと思える日に開始することでやる気が出る効果です。

たとえば元旦や、月や週のはじめの日、誕生日などの記念日など、どの日でもいいので新しいスタートの日だと思える日から新しいことをはじめるだけです。

フレッシュスタート効果の例

フレッシュスタートを開始するきっかけはいろいろありますが、最も効果が高いのは新年の1月1日と言われています。

1月1日は節目として月の初めよりも大きいので、フレッシュスタートの効果も高くなります。

日本では同じように新年度が始まる4月1日も効果が高いでしょう。

また、日付だけでなく環境の変化もフレッシュスタートのきっかけになります。

たとえば、転職や転勤、引っ越しなどを新たなスタートのきっかけにすることもリフレッシュスタートの効果が期待できます。