熟知性の原則

熟知性の原則とは、接触回数が増えるほど最初の好印象、あるいは悪印象が強くなっていく効果のことです。

1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイオンスにより提唱されたため、ザイオンス効果や単純接触効果とも呼ばれています。

この効果は対人関係だけではなく、対象が物であっても効果があることから、マーケティングでも応用されています。

CMや広告で何度も商品を目に触れさせることは、熟知性の原則を応用していると言えるでしょう。