親指の法則

親指の法則とは、英語の慣用句で「おおまかなやり方」「正確ではないが実用になる方法」や、経験則を意味します。

英語では「rule of thumb」となります。

語源には以下のようにいろいろな説があります。

・きこりが長さを測るのに、親指を使った
・昔、夫が妻を殴るのに許容されていた棒の直径が親指の太さまでであった
・イギリスの木工職人が長さを測るのに親指を使っていた
・農家が種を撒く際に、適切な深さや距離の目印として親指を使っていた