カール・ロジャースの2:7:1の法則

カール・ロジャースの2:7:1の法則とは、人間家計に関する法則で、人間関係の中で気の合う人や、それほどでもない人の比率を表しています。

カール・ロジャースは、アメリカの臨床心理学者で、人が10人いるとすればその関係性は以下のようになると提唱しています。

    • 気の合う人:2人
    • どちらでもない人:7人
    • 気が合わない人:1人

上記の比率が正確かどうかは問題ではなく、どんなに人間関係を改善しようとしても気が合わない人はかならずいると解釈しましょう。

つまり、自分を嫌っている人がいたり、自分に無関心な人が大勢いたりすることは普通のことであって特別なことではないのであまり気にする必要はないという法則です。