マジカルナンバー7

マジカルナンバー7とは、アメリカの心理学者ジョージ・ミラーが1956年の著書で主張した、人間が短期記憶に保持できる情報の数です。

正確には7ではなく「7+-2」、つまり5~9の数字がマジカルナンバー7です。

短期記憶は人間が一時的(数十秒間)保持できる記憶のことで、情報の容量にも限界があります。

なお。記憶の単位は「チャンク」と呼ばれていて、5~9チャンクが。短期記憶できる限界とされています。