2:7:1の法則

2:7:1の法則とは人間関係に関する法則で、「気の合う人:どちらでもない人:気の合わない人=2:7:1」の比率になる法則です。

つまり、周囲の人全員と良好な人間関係を築けるわけではなく、一定の比率でそうしてもうまく関係を築けない人が存在すると言うことです。

そのため、無理にだれとでも仲良くなる必要はなく気の合う人を中心に人間関係を築いていけばよいことになります。

すべての人とうまくやろうとするとどうしても無理が生じてしまい、ストレスの原因にもなります。

また、悪口を言われたとしてもその人は1割の内のひとりだと考えると、それほど気にならなくなります。

2:7:1の法則を頭に入れておけば、ある程度割り切って人間関係を築くことができるようになります。