1.01の法則と0.99の法則

1.01の法則と0.99の法則とは、小さな積み重ねを長く続ければ将来大きな差となって自分のためになるということを、計算式で表したものです。

「1.01と0.99は0.22の違いしかないが、1.01の365乗と0.99の365乗では大きな差が生まれる。
だから毎日小さい努力をするのと毎日少しずつサボるのとでは、1年後に大きな差となって現れる。」

という教訓的な内容が1.01の法則と0.99の法則です。

しかし、この法則には何の意味もないただ数字を都合良く計算しただけで、具体的なものはありません。

そもそも1.01や0.99が何を意味する数字なのか提示されていない上に、努力という曖昧なものをどのように積み重ねていけばいいのかもわかりません。

単なる数字遊びになっているので道徳的な意味しか含まれていないと言えるでしょう。