文化的自己観

文化的自己観とは、分化によって「自己」についての考え方が違うという理論に基づいた概念です。

特に西欧文化と日本を含む東アジア文化において大きな違いがあると言われています。

西欧文化では自分と他者は独立した存在として認識されていますが、東アジアでは自分と他者が重なった存在として認識されます。

この自己観を「相互協調的自己観」西欧的な自己観を「相互独立的自己観」と言います。