黒い羊効果

黒い羊効果とは、内集団にいる好ましくない仲間は、外集団の好ましくないメンバーよりも評価が低くなるという心理効果のことです。

聖書の中に黒い羊が白い羊から排除されるという故事があったことから名付けられました。

なぜ仲間であるはずの黒い羊を排除しようとするのかというと、自分が所属する集団のレベルを高く保つことで自分のプライドを守ろうとするからと言われています。

外集団にいくらレベルが低い人がいても自分のプライドは傷つかないどころか、むしろプライドが満たされるでしょう。

しかし、同じ集団の低レベルの人間は、集団の価値を下げることになるので最終的には排除しようとするのです。