マニャーナの法則

マーニャーナの法則とは、タスクの処理に関する法則で、原則として新しい仕事はその日に処理せずに、翌日にまとめて処理するやり方です。

マニャーナの法則の基本には、即日処理をしなければいけないタスク(作業)はない、という考え方があります。

そのため、今日新しく増えた作業は分類して明日中に処理をして、今日は新しく作業を増やさないことで昨日までの作業を終わらせる流れになります。