ポール・ウィルソンの実験

ポール・ウィルソンの実験とは、人は相手の肩書きによって身長の高さの判断に影響を受けるという結果をもたらした実験です。

肩書きによって相手から影響を受けるのは一般的に知られていますが、その影響が身長の高さにもあると言うことを証明した実験となります。

ポール・ウィルソンの実験内容

ポール・ウィルソンは大学の講義にゲストを招くという形式で実験を行っています。

その都度同じ人物の肩書きを以下の3つに変更してゲストとして紹介をしました。

    A) ケンブリッジ大学の学生
    B) ケンブリッジ大学の実験助手
    C) ケンブリッジ大学の教授

実験の結果、身長の高さの推測は、学生<実験助手<教授の順に高くなりました。

同じ人物でも肩書きによって身長が高く見えたり低く見えたりすることがわかったのです。