特別無条件同化暗示感受習性

特別無条件同化暗示感受習性とは、人は寝る前に考えたことが潜在意識として定着してその人の考え方として刷り込まれるというものです。

潜在意識は普段は閉じたままになっていますが、寝る前にはオープンになってしまうと考えるとわかりやすいでしょう。

この状態のときに考えたことはたとえ事実ではなくても事実として無意識に刷り込まれることになります。

そのため、寝る前はなるべく嫌なことは考えずにポジティブなことを考え瑠葉にすることで、起きているときの言動にもプラスの影響があると言われています。