ビジュアライゼーション

ビジュアライゼーションとは、本来目に見えないものを可視化することで、主にデータを可視化するデータ・ビジュアライゼーションのことを言います。

ビジュアライゼーションの具体的な方法は主にグラフや表によって行われます。

ビジュアライゼーションの種類

ビジュアライゼーションは一般的に次の2つに分けることができます。

    • 科学技術の分野におけるデータ・ビジュアライゼーション
    • 情報分野におけるデータ・ビジュアライゼーション

特に情報分野におけるデータ・ビジュアライゼーションは、近年のビッグデータを可視化してビジネスなどにつなげるためには不可欠の方法と言えるでしょう。

ビッグデータとデータ・ビジュアライゼーション

ビッグデータとは、様々な形態、性格、種類からなる大量のデータのことで、ビッグデータを直接見ただけでは何が読み取れるのかを理解することは不可能なデータ群です。

しかし、データを集めるだけでもコストがかかるため、収集したビッグデータをそのまま放置することは祖運室となってしまいます。

そのため、ビッグデータから特定の意味を見出し、活用するためにはデータ・ビジュアライゼーションは不可欠の存在と言えます。

特に長い期間活動している企業に蓄積顧客データは、ビッグデータそのものと言えますが、この顧客データを十分に活用していない企業の方が多いのが現状です。

個人信用情報保護の問題はありますが、これらの顧客データを十分に活用することもこれからの企業にとっては必要なことになるでしょう。