権威効果

権威効果(Authority Effect)は地位や肩書きといった権威的特徴で、その人物や発言内容に対する評価が高く歪められてしまう心理効果のことをいいます。

たとえば健康食品の広告に医学博士も肩書きを持つ医師の推薦文があると、その健康食品の医学的な効果を保証しているように感じてしまうのが権威効果です。

しかし、実際の推薦文には効果を保証することは記載されていません。

つまり推薦文の内容よりも肩書きが重視されて、効果があるように感じてしまうのです。

権威効果の事例

マーケティングでは権威効果を利用した広告や宣伝が数多く存在します。

商品やサービスの良い点をアピールしなければ売上に結びつきませんが、販売側がいくらアピールしても消費者は素直に受け取ることはありません。

しかし権威効果を利用して権威のある人からの推薦、人気がある人が使用しているというアピールをすれば、売上に結びつけることができます。

基本的にCMにタレントや著名人を起用するのは、権威効果を狙ってのことだと言えます。

それ以外にも以下のような権威効果の例もあります。

  • 権威のある賞を受賞(モンドセレクションなど)した
  • 皇室御用達、イギリス王室御用達の商品
  • 有名雑誌やTV番組で紹介された商品

権威効果の応用

権威効果の応用はビジネスシーンだけでなく、日常生活でも可能です。

たとえば女性とデートする場合でもいっしょに行くレストランがミシュランの星付きであれば権威効果が発生します。

特に初めてのデートであれば好印象に結びつきます。

また、自分で書いた文章に信憑性を高めたいときには、著名人の中でも歴史上の人物の言葉を引用して、自分の意見の裏付けにすると文章の内容に箔を付けることができます。

たとえば成功したければチャレンジ精神が必要だという主張する文章に、以下の言葉を引用すると説得力が高くなります。

もし、あなたが成功したいのなら、多くの成功者によって踏みならされた道を行くのではなく、新たな道を切り開くことだ。---ロックフェラー(アメリカの石油王)---

過去の著名人の名言などは報酬も発生せず、高い権威を利用できるので費用対効果も高くなります