マガーク効果

マガーク効果とは、特定の音を発音している映像に、他の音を重ねた場合どちらでもない第三の音に聞こえてしまう錯覚のことです。

たとえば「ぱ」と言う音を発音している人の顔の映像に、「か」という音を重ねてみせると「た」に聞こえてしまう現象がマガーク効果です。

これは人が音声だけでなく視覚情報、つまり口の動きも含めて音を判別していることを意味しています。

それも、どちらかというと口の動きを優先して音を判断しているため、マガーク効果が発生します。