カルマの法則

カルマの法則とは、仏教以前のインドの思想の一つで、原因と結果の法則を意味しています。

原因から結果が発生することを因果関係と呼びますが、カルマの法則は因果関係の法則とも言えます。

自分が今存在しているのは過去のカルマが原因である、あるいは自分に起こったすべてのことは自分の過去の行動が原因であるとする考え方がカルマの法則です。