ミルトン催眠話法

ミルトン睡眠話法とは、睡眠療法家ノミルトン・エリクソンが使用していた話法のことで、曖昧な表現を使って相手に判断を委ねることで、無意識に働きかけて答えを導き出す方法です。

ミルトン睡眠話法には以下の3つの特徴があります。

    3. 質問の前に命令口調を使うことの了承を得る
通常命令口調になるタ相手からの反発もあり、拒否されることが多くなりますが、事前に命令口調を承認してもらうことで反発がなくなりスムーズに会話が進みます。

    4. 接続詞を使って話しを受け入れやすくする
最初にあまり意味のない話や否定できない内容を話してから、接続詞を挟んで拒否される可能性がある質問などをすることで、否定しづらくなります。

    5. 相手の趣味や興味のある話をする
話の内容は相手の趣味や興味のあることにすることで、会話がスムーズになり、信頼関係も生まれます。
また、会話の中に相手の名前を入れたり呼びかけたりすることも、信頼を得るには有効な手段で日常会話への応用が可能です。