グレシャムの法則

グレシャムの法則とは、同じ社会の中で材質の悪い貨幣と良質の貨幣とが同一の価値を持って流通していると、良質の貨幣は退蔵・溶解・輸出などで市場から消えて、悪い貨幣が流通するという法則です。

この法則は「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉によって広く知られています。

ここでの良貨と悪貨の違いは金の含有量の違いになります。

良貨も悪貨も支払いに使う分には同じ価値も持っているので悪貨を支払いに使い、良貨は金としての価値が高いことから使わずに保存する、あるいは溶かして金にする、輸出するのが一般的な考えです。

その為、結果的に良貨は市中に出回らず、悪貨だけが流通することになります。