ムーアの法則

ムーアの法則とは、半導体のトランジスター集積率は20ヶ月で2倍になるという法則です。

この法則はインテル社の創業者のひとり、ゴードン・ムーアが提唱したためこの名称となりました。

この法則に科学的根拠はなくいわゆる経験則と呼ばれるものですが、最初に提唱された1965年にはこの法則は10年続くと予測されていました。

10年後の1975年にはムーアは法則を修正して「24ヶ月ごとに2倍になる」と修正しています。

最初の法則でムーアは18ヶ月といった覚えがないと説明していて、インテル社の実際の製品性能が18ヶ月で2倍だったことから混同されてしまった可能性があります。

現実的にその後もこの法則に従って倍増しているため、科学的根拠がなくても法則として取り扱われています。

なお、この法則には限界が来るという説と永遠に続くという説があります。