コアパーソナルプロジェクト

コアパーソナルプロジェクトは、ハーバード大学のブライアン・リトルによる「自由特性理論」において、キーとなる言葉です。

自由特性理論とは、「人は特定の性格や特性を持って生まれるが、自分にとってとても大切なこと(コアパーソナルプロジェクト)に従事しているとき、その性格の枠を超えて振る舞うことができる。」という理論です。

つまり内向的な性格の人でも、コアパーソナルプロジェクトに取り組んでいるときには、外交的な性格として振る舞うことができます。

コアパーソナルプロジェクトは自分が心から没頭することができるテーマという意味で、あらゆるものがその対象となることができます。

普段は内気なオタク体質の人でも、自分が好きなことに関しては熱弁を振るう場面を想像するとわかりやすいでしょう。

内気な性格を直したいと考えるのであれば、性格そのものを直すのではなくコアパーソナルプロジェクトを見つけることで、外交的な面も獲得することが可能です。