自発的特性転移

自発的特性転移とは、第三者に関して話しているにも関わらず、聞いた人は第三者の特性を話している人の特性と捉える心理的な現象のことです。

つまり、ある人が第三者のことをずるいと悪口を言うと、聞いている人はその人がずるいと感じてしまい、優しいとほめると話している人を優しいと感じてしまうのが自発性特性転移です。

自発的特性転移の活用

人は悪口を言う人は悪い人で、人をほめる人は良い人というイメージを持っています。

それが自発的特性転移を起こす原因のひとつであると思われます。

そのため、その心理を活用して自分への印象を良くすることも可能になります。

特定の人に好印象を与えたければ、その場にいない第三者についてほめることで、自発的特性転移が発生して、相手が自分に好印象を抱く可能性が高くなります。

反対に悪口を言ってしまうと亜悪い胃印象を与えてしまうので、ちょっとした悪口だとしても控えることも重要になります。