サーノフの法則

サーノフの法則とは、新聞やTVなど一方通行のマスメディアに関する法則で、ひとつのネットワークの価値もしくは効用は、加入者や視聴者(ノード)数に比例するという法則です。

新聞やTVといった片方が情報を発信するタイプの情報網では、受信機や視聴者の数に比例してそのネットワークの価値が高くなります。

サーノフの法則はラジオおよびテレビ産業を作り上げた元RCA会長のデビット・サーノフに由来しています。

ただし、サーノフの法則はインターネットのような双方向の情報交換ができるネットワークには当てはまりません。