コンフォートゾーン

コンフォートゾーンとは、ストレスや不安もなく、ずっと落ち着いた精神状態でいられる場所のことを示す心理学用語です。

コンフォートゾーンは具体的には、毎日行っている日常の行動をしているときや慣れ親しんだ空間にいるとき、あるいは気心がしれている友人などと一緒に過ごしているときにいる空間のことです。

コンフォートゾーンとストレッチゾーン

こうした心が落ち着くコンフォートゾーンにいると、ストレスもなく落ち着いて過ごすことはできますが、人として成長することはできません。

なぜなら、コンフォートゾーンにいるときは落ち着きすぎていて何かにチャレンジする、新しいことに挑戦するという気持ちにならないからです。

一方でコンフォートゾーンを一歩踏み出した空間をストレッチゾーンやラーニングゾーンと呼んでいます。

コンフォートゾーンに比べて不安やストレスを感じる空間のことで、具体的には初めて会う人と会話をするときや知らない場所に行くとき、新しい仕事をするときの空間のことを言います。

ストレッチゾーンは落ち着かない空間ですが、ラーニングゾーンとも呼ばれているように人が成長する上では必要な空間です。

人生の9割をコンフォートゾーンで過ごすとしても、ストレッチゾーンを経由することで人として成長することは必要不可欠なことと言えるでしょう。