類友の法則

類友の法則とは、類は友を呼ぶということわざから生まれた言葉で、自分と似ている人はお互いに惹かれあうという意味です。

心理学では類似性の法則と呼ばれていています。

しかし、自分と似ている場合でも同じ欠点を持っている場合は、反対に嫌いになるケースもあり必ずしも惹かれ合うわけではありません。