ボッサードの法則

ボッサードの法則とは、アメリカの心理学者のボッサードが提唱した恋愛関係にある男女に関する法則です。

ボッサードの調査では、婚約中のカップル5,000組の33パーセントが半径5ブロック以内に住んでいました。

さらに、2人の距離が離れているほど結婚に至る確率は低かったという結果となりました。

これはいわゆる遠距離恋愛がうまくいかないひとつの理由となります。

遠距離恋愛では恋人と会うだけで交通費という敬愛的な負担がかかりますが、うまくいっているときはその負担が気にならないほど楽しい時間を過ごすことができます。

しかし、少しでもうまくいかないことがあると、その経済的負担がより大きく感じることになり、距離が近い人との交際よりもうまくいかなくなる可能性が高いと言えます。