ヴィルトの法則

ヴィルトの法則とは、ソフトウェアは、ハードウェアが高速化するより急速に低速化する、あるいはソフトウェアは、ハードウェアの加速よりも急速に減速していくという法則です。

ヴィルトの法則は1995年、ニクラウス・ヴィルトが広めた情報工学に関する法則になります。

ヴィルトの法則はハードウェアが高速化すると、高速で動くソフトウェアを開発しなくてもいいとプログラマーが考えるようになり、むしろソフトウェアとしては速度が遅くなるという意味になります。