メディアバイアス

メディアバイアスとは、マスメディアが情報を発信するときに発生するゆがみのことで、日本語では偏向報道と訳されます。

マスメディアは情報発信前に収集した情報を取捨選択しますが、このときに危険性を指摘することがマスメディアの使命と考えると、危険性を強調しすぎて過剰反応を引き起こすことがあります。

日本におけるメディアバイパス

日本と欧米ではマスメディアが発する情報の受け止め方が違うと言われています。

欧米では表現責任は表現者にありますが、日本ではマスコミそのものが表現責任の対象とです。

これは日本でマスコミが表現考査によって表現の規制などを行っています、

そのため、欧米では古くからマスコミによって発信された情報であっても、受取手は複数の報道を比較して自分自身で真偽を判断するという習慣が根付いていますが、日本では単一の報道機関の情報を鵜呑みにしてしまうケースが多いのです。

たとえば、日本のマスメディアではあおり運転について危険であるという報道は数多く発信されていますが、反対にあおり運転を誘発するような運転に関しての報道はほとんど見られないなど、偏った報道が見られます。