SDS法

SDS法とは文書構成方法の一つで、ニュース原稿をはじめとして幅広い分野において使われています。

日常生活での自己紹介やスピーチ、ビジネスシーンでもプレゼンテーションに応用できる汎用的な構成法です。

SDSは以下の頭文字が由来です。

    • Summary(要点)
    • Details(詳細)
    • Summary(要点)

SDS法の内容

SDS法では最初に記述内容の要点を伝えることで、読者にその文章は何について書かれているかを明示します。

読者はこの段階で興味のない内容であれば飛ばして次の記事に進むこともできます。

新聞などの記事の量が多いものは特に最初の要点が重要になります。

興味のある内容であれば次に記述される詳細について読み進めます。

最後の要点はまとめのことで、これがあることで記事や話の内容を再び確認でき、心に留めることが可能になります。