プライスライニング

プライスライニングとは、マーケティング用語のひとつで、一種類の製品について複数の価格帯(プライスライン)を提供することを言います。

たとえば、紳士服の販売店でネクタイを5000円、1万円、2万円といった価格帯に分けて販売すると、顧客は予算に合わせて選びやすくなります。

しかし、あまり多くの価格帯を設定すると選択肢が多くなりすぎて、どれも選ばないという選択をする可能性が高くなるので、価格帯は2段階や3段階がよいと言われています。

うな重や天丼で松竹梅の3つの価格帯があるのもプライスライニングのひとつです。