シロクマのリバウンド効果

シロクマのリバウンド効果とは、特定の事柄について考えないようにしようとするほど、むしろその反対に考えてしまう心理のことを言います。

心理的な実験をしたときにその題材としてシロクマが使われたことから、この名称になりました。

皮肉過程理論と呼ばれているこの理論は心理学者ダニエル・ウェグナーによって定量されています。