ネガティブ思考をポジティブ思考に切り替える

自分がネガティブな人だという自覚がある人は、少しずつでもポジティブに考えられるように切り替えていきましょう。

ポジティブな人を見つける

職場で仕事をするのでもやはりお手本になる人がいれば習得しやすくなります。

ポジティブな考えを身につけるためには、周囲にいるポジティブな人を参考にするのが一番です。

ネガティブな人と接していると周囲がネガティブになるのと同じように、ポジティブな人の側にいるだけでも気分が明るくなります。

特に自分であれば落ち込んでしまうようなことを、ポジティブな人はどのように考えて対処しているのかを学ぶことでポジティブな考え方を身につけることができます。

また、どんなにネガティブな人でも必ずポジティブな部分はあるものです。

自分の中にあるポジティブな部分を探して、そこを伸ばしていくようにすればポジティブな思考はさらに身につきやすくなります。

運動することも効果的

人間の体と心は連動していると言われています。

体調が悪いときは精神的にも落ち込みますが、反対に体調がいいと気分も高揚します。

このような体と精神状態の連動を利用すると、なるべく体を動かして運動することで気分を明るく前向きにすることもできます。

運動と言ってもそれほど激しい運動をする必要はありません。

体が温まる程度の運動でいいので、ウォーキングやストレッチなどでいいので試してみましょう。

また、適度な運動をすることで快適な睡眠も得られます。

睡眠不足もネガティブ思考の原因になるので、最低でも6時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

失敗を恐れない

ネガティブな人は失敗を恐れるあまり慎重になりすぎて行動を控える傾向にあります。

これはリスクを減らすという意味では仕事に役立ちますが、プライベートでは消極的すぎます。

また、職場でもリスク管理業務であれば優秀ですが、営業職では積極性を必要とされるのでネガティブな性格はマイナスとなります。

根本的に失敗に対する考え方を変えなければ消極性を克服することはできません。

失敗することは次の成功につながることもあるので、失敗を恐れるだけでなくむしろ失敗を生かすという考え方に切り替えてみましょう。

そのためには本を読んだりいろいろな人に話を聞いたりということが必要になります。

失敗を成功に結びつけた例を学んでみましょう。

他人に期待をしない

ネガティブな人の中には過去に他人を信用して裏切られた経験があるという人もいます。

そのため他人を信用することに消極的になって、それがネガティブな言動に結びついています。

そもそも他人に期待するということは自分の人生を人任せにするようなものです。

他人が自分の思い通りになることが珍しいと考えて、他人に期待することはやめましょう。

今日を生きよう

ネガティブな人は過去に引きずられている人や将来を悲観している人だと言えます。

過去をいくら考えても変えることはできないし、どうなるかわからない将来を悲観してもなんにもなりません。

まずは今現在できることを精一杯やるということを心がけましょう。

今やるべきことを毎日やっていれば必ず近い将来には大きなプラスとなるでしょう。

ネガティブ思考のプラス面を考える

ネガティブな人は、自分をたいしたことがないと考えて「自分なんて」と思いがちです。

ネガティブ思考にはマイナス面だけでなくプラス面もあることを考えてみましょう。

たとえばプラス思考の人は考える前に「なんとかなる」と思って行動することが多いので、失敗する可能性も高くなります。

その点マイナス思考の人は失敗を恐れるので行動する前に十分に調査をします。

つまり成功する確率を考えるとマイナス思考の人のほうが高いのです。

こうした能力は職場で言えば危機管理をする部署にとても向いているので、そうした職種を選ぶこともひとつの方法です。

このようにネガティブ思考のプラス面を考えて行動すると、プラス思考を取り入れなくてもプラスの方向に修正できます。

コメントを残す