お釈迦様が説く悪口を言われたときの取り扱い

日本ではあまり宗教を信じている人は多くありません。

しかし、宗教を信じていないという人も、法事に参加したり初詣に行ったりするという不思議な国でもありますね。

神道や仏教はキリスト教などと違って、日本人の生活に溶け込んでしまっているため、もはや宗教という感覚が無いのかもしれません。

悪口に関しても仏教の始祖であるお釈迦様の言葉を取り入れたとしても、日本人にはなじむのではないでしょうか。

今回はお釈迦様が説く悪口を言われたときの取り扱いについて考えてみましょう。

お釈迦様は悪口を言われたときどうしたか

お釈迦様と悪口に関する逸話があるので、まずはそれをお話ししましょう。

お釈迦様と悪口男

その男はお釈迦様が大勢の人から慕われ、尊敬されていることに嫉妬していました。

そこで人がたくさんいる中で悪口を言ったら、きっと悪口を言い返すだろうからお釈迦様の評判も悪くなるだろうと考え、実行に移しました。

いつもの散歩道で待ち伏せして大勢のうちがいる前で、お釈迦様に対してひどい悪口をまくし立てたのですが、お釈迦様は何も言い返しませんでした。

悪口を言い疲れた男にお釈迦様はこう言います。

「他人に贈り物をしてそれを相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」

これに対して男は

「言うまでもなく相手が受け取らなかったら贈った人のものだ」

そう言ってから男は気付きますが、お釈迦様はこう続けます。

「今、あなたは私のことをひどくののしったが、私はその悪口を少しも受け取らなかった。だから、あなたが言ったことはすべてあなたが受け取ることになる」

つまり悪口に対するお釈迦様の考えた対処法は、悪口を受け取らないことによってそれをすべて悪口を言った人に返すというものでした。

これは現在の言葉で言い換えれば、悪口をスルーするということになるでしょう。

お釈迦様の時代から悪口はまともに受け取らないと言うことが、悪口への最適な対処方法だったことがわかります。

悪口に関するお釈迦様の教え

前述の逸話以外にもお釈迦様の教えとして悪口に関する逸話や教えがあります。

同じように悪口を言った若者に対してお釈迦様は次のような問いを投げかけます。

お釈迦様「おまえは親戚や家族を招待してもてなすことはあるか」

若者「ある」

お釈迦様「招待客がおまえの出した食べ物を食べなかったら、その食べ物は誰のものだ」

若者「残りはおれのものだ」

お釈迦様「同じように私の前で悪口を言っても、私がそれを受けとらなければそれはおまえのものになる」

若者「なんだと?いくら受けとらないと言っても、与えたんだからおまえのものだ」

お釈迦様「そんなものは与えたとはいわない」

若者「じゃあ、どんなことを受けとったといい、どんなことのを受けとらないというんだ?」

お釈迦様「悪口を言われたら悪口を言い返したら、与えたものを受けとったという、反対になんとも思わないものは受けとっていないのだ」

この話も前述の逸話と同じ内容ですね。

また「汚れのない人罪のない人清らかな人を害すれば、その愚者にこそ悪は戻る。逆風に投げた微塵みじんの如く」という教えも伝わっているようです。

これも、今の言葉にすれば天に唾する行為やブーメランに例えられるでしょう。

悪口は言った本人に返ってくる、あるいは悪口を聞き流すことで悪口を相手に返すというのは、紀元前から伝わる先人の知恵と言うこともできます。

また、反対に紀元前から人間の本質は変わらず、数千年たっても悪口を言う人はなくならないということでもあります。

釈迦の教えはそういうことではありません。

誰かが吐き出した悪い言葉が一体最後はどこに着地するのかというのを全体を総観して論じている話ではありません。

あくまで主体があなたであって、そこに悪を投げかけられた時の、心の持ちようの話です。

お釈迦様の言葉で「悪口は受け取らないと相手の元に戻る」という言葉が… – Yahoo!知恵袋

まとめ

宗教が原因で戦争が起こることもありますが、本質的に宗教はどうしたら安らかに生きていくことができるかということを教えるもののような気がします。

今回は仏教を例にしましたが、キリスト教でも悪口を言わないことや悪口への対処法があります。

つまりそれだけ長い間人間は悪口を言い続け、その対処法も考え続けているとも言えますね。

コメントを残す