悪口を言わずに済ませる方法

悪口を言わずに済ませる方法
悪口を言わずに済ませる方法

悪口を言うことは、ほとんどデメリットしかありません。

他人の悪口を言っても脳が誤解をして自分へ悪口を言っていると解釈する説さえあるくらいです。

また、悪口が本人に伝わってしまい人間関係が悪くなってしまったという経験がある人も少なくないでしょう。

できれば悪口は言わない方がいいのは間違いありませんが、つい悪口を言ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

今回は悪口を言わずにすむ方法を考えてみましょう。

どうしたら悪口を言わずにすむのか

悪口を言わないようにするためのポイントは、自分の気持ちの持ちようということになります。

自分の考え方や行動を変えることで、悪口を言わない、言う必要がない状態に持っていきましょう。

悪口をノートに書き出す

悪口をノートに書き出す
悪口をノートに書き出す

ストレスの発散に役立つ方法を紹介します。

それは悪口を文字として書き出すという方法です。

ノートを用意して、毎日何かあったら悪口を書き出します。

実際に書き出してみると意外に多くの悪口が出てきてびっくりするかもしれません。

書き出すだけでもストレスの発散になりますが、さらに一歩進めて書き出した悪口の原因も考えてみましょう。

特定の人の悪口を書いてしまったのであれば、なぜその人の悪口を書いたのか、なぜ嫌いなのか、なぜ苦手なのかということまで考えてみましょう。

場合によっては単なる思い込みかもしれませんし、嫌いな理由が分かればそれを改善する方法も思い付くかもしれません。

ただ感情的に苦手だという意識を持ち続けているよりは、客観的に分析することで新しい道が開けることがあります。

悪口という行為は何で代替出来るかを考えて下さい。

これは、人のアドバイスよりも自分ができる事をじっくり考えるべきでしょう。

曰く、口で言わずにノートに書いてみる。

人の悪口を言わないようにしたいのですが、無意識に言ってしまっています。どうすれば良いでしょうか? – Quora

相手の良いところを見つける

相手の良いところを見つける
相手の良いところを見つける

他人の悪い点を見つけるのではなく良い点に目を向けるようにしましょう。

悪いところばかり見てしまうのは一種のネガティブ思考なので、ポジティブ思考に切り替えて良いところを探してみましょう。

良い点を見つけたらその点だけを考えるようにすれば、その人に対する印象も良くなって悪口も減るはずです。

 

相手の欠点をポジティブに考える

相手の欠点をポジティブに考える
相手の欠点をポジティブに考える

悪口を言いたい相手の悪い点をポジティブな視点に切り替えてみましょう。

たとえば、仕事が遅い人に対しては「時間はかかるけれども慎重で確実な仕事をする」また「頑固で融通が利かない人は意志が強く信念を持っている」と考えてみましょう。

どんなに欠点と思えるようなことも、必ずプラスに考えることができるものです。

こうしてポジティブに変換する癖をつけることで、悪口を減らすことができるようになるでしょう。

怒りを悪口以外で解消する

怒りを悪口以外で解消する
怒りを悪口以外で解消する

怒りが原因で悪口を言ってしまうことがあります。

怒りといっても日常生活で発生する怒りの原因は、ささいなことである場合が多いですね。

たとえば「職場で同僚がサボっていた」「ある人に話しかけたら無視された」などといったことでも怒りを感じて悪口を言う場合があります。

こうした場合に怒りを悪口で発散させずに、別の方法で怒りを静めるようにしましょう。

たとえば、同僚が仕事をサボっていたというのは、自分の問題ではなく他人の問題だと考えてみましょう。

サボって後で困るのは本人ではあって自分ではありません。

他人のために怒りを感じること自体バカバカしいと思えば、ストレスをためることもありません。

また、怒りを抑えてストレスをためない方法としては、運動することも効果があります。

体を動かすことで思ったよりも簡単に怒りは解消出来ます。

カラオケで大声を出して歌うのもいいでしょう。

自分に合ったやり方で怒りを解消してみましょう。

まとめ

悪口を言いたくなるのは、何かしら原因があります。

自分が何に対して悪口を言ってしまうのか、その原因を考えてみることで悪口を言わずに解決することができます。

悪口を言ってしまう人は客観的に分析してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す