同じ悪口を他人が言うと腹が立つとき

自分が言った悪口と同じことを他の人が言った場合、その人に仲間意識を感じる場合と、「おまえが言うな!」と怒る場合があります。

これはどちらも経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

同じ人の悪口を言うと仲間意識が生まれることは、心理学では普通のことのようですが、反対に怒りだしてしまうのはどんな心理なのでしょうか。

今回は同じ悪口を他人が言うと腹が立つときについて考えてみます。

なぜ同じ悪口を他人が言うと腹が立つときがあるのか

同じ悪口を言われると怒ってしまうケースにはどうのようなものがあるでしょうか。

自分と違うグループに所属している場合

自分と違うグループに所属しているケースというのは、職場や友人のグループの場合もありますが、もっと広い意味でのグループになります。

たとえば、同じ野球ファン同士でも巨人ファンと阪神ファンがいます。

巨人ファンがある選手のエラーで負けたときに、その選手の悪口を言ったとしても、同じ巨人ファン同士であれば怒り出すことはほとんどありません。

しかし、同じ悪口を阪神ファンが言ったらどうでしょうか。

ほぼ確実に巨人ファンは怒り出すのは間違いありません。

また、もっと身近の例では、自分の家族の悪口を自分が言うことには問題ありませんが、他人が自分の家族の悪口を言えば誰でも怒り出します。

なぜこんな心理になるのかというと、自分や自分の所属しているグループ、家族の悪口を自分が言ったとしても、それでも良いところがある、それでも好きだという前提があります。

自分の子供にはこんな悪い点があるという悪口を言っても、憎しみを伴った悪口ではないのです。

しかし、他人や違うグループに所属している人から言われる悪口には悪意を感じてしまうので怒ることになります。

特に日本人は謙譲を美徳とする文化があるので、よりその傾向が強いのではないでしょうか。

他人に親の悪口をいわれると腹が立つのと同時にすごく悲しくなります。

自分が親に対して言うのにはなんとも思わないのに、他人に言われるとムカついてしまいます。

他人に親の悪口をいわれると腹が立つのと同時にすごく悲しくなりま… – Yahoo!知恵袋

集団を自分と同一化する

自分が謙遜して自分の悪いところ言っているのに、他人が同じ悪口を言うと怒るのは心理的にはよく理解できますね。

しかし、同じ心理が家族など自分以外の場合でも働くのはなぜでしょうか。

まして、家族でもない同じ野球チームのファンといったあいまいな関係であっても同じ心理になります。

たとえば、血液型が同じAの人が性格について悪いところを言ったとしても腹は立ちませんが、O型の人がA型の人に対して同じ悪口を言うと腹が立ちます。

まず確実にO型の性格の悪い点を指摘して言い返すでしょう。

血液型が同じというのは血縁関係の家族に比べれば、関係などはあってないようなものですが、それでも同じ仲間意識になってしまいます。

これは悪口だけでなくほめられた場合にもあてはまります。

家族がほめられたり、好きな球団の選手がほめられたりして自分のことのように喜んでしまうと言う経験は誰にでもあるでしょう。

これは家族や、自分が所属している集団を自分と同化しているために起こる心理だと言えます。

特に日本人はこうした集団意識が強いところがあります。

そのため、誰かの悪口を言う場合は、悪口を聞かせる相手が悪口の対象者と同じ集団ではないかという点に気を付ける必要があります。

日本人は自分のことを謙遜して「自分なんかたいしたことはない」ということがありますが、これに対して「本当にそうですよね」とまともに肯定したら、ほとんどの人は怒り出します。

少なくても相当に気分を害することは間違いありません。

これと同じ心理が家族や自分が所属する集団の他の人にも適用されると考えるといいでしょう。

家族であれば明らかですが、見た目だけではわからないことも多いので十分な注意が必要ですね。

まとめ

同じ悪口でも自分が言うときはいいけれども、第三者が同調すると怒ってしまうという心理はおわかりいただけたでしょうか。

この心理が海外でも共通なのかはわかりませんが、少なくても日本ではより強いのではないかと思います。

悪気のない悪口が聞いている人には特に関係がないと思っていても、思わぬ関係があるかもしれません。

悪口はなるべく避けた方がいいのは、こうした予期しないトラブルが起きる可能性があるからです。

コメントを残す