口が軽い

口が軽い人

口が軽い人の特徴、心理、対処法

口が軽いの意味

おしゃべりで、言ってはいけないことまで言ってしまう。

口が軽い(くちがかるい)の意味 – goo国語辞書

口が軽い人の特徴、心理

  • 陰口が大好き。噂話が趣味になっている。
  • 人のことを面白おかしく話す。
  • 離婚話、失恋話など他人の不幸話ばかりする。
  • 相手をひきつける会話ができないので、誰もが反応する職場のゴシップに頼っている。

口が軽い人の対処法

  • 距離を置く。
  • 興味がないフリをする。
  • 自分の話はしない。

口が軽い人に関する注目ツイート

『口が軽い』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:02:27 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人の話をまともに聞いてはいけません。あいづちを打つ、愛想笑いをする、その他共感する素振りをすると、相手は気分よく話を続けることになるので良くないです。

    「そうですか」と一言言って話を終わらせましょう。

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:02:39 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は、意外にも世話好きで聞き上手です。ですから口が軽いことを知らなければ、つい気を許して職場の不満や上司の悪口、プライベートな悩みなどを打ち明けてしまいがちです。口が軽い人が大好きな噂話のネタを提供することになります。

    一見信用ができるような人物に見える人でも本当は分からないものです。付き合いが短いうちは他言されたくないことは話さないようにしましょう。

  3. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:03:03 ID:f165b1482 返信

    私の友人Aの体験談です。

    「B先輩に嫌われている」と友人AがC先輩へ話しました。数日後突然、B先輩が他の部署へ異動になりました。C先輩が上司に漏らしたからです。そのせいでB先輩と二人でこなしていた仕事を友人Aが一人ですることになり、大変な思いをしているとのこと。

    口が軽い人には、人を悪く言うようなことは話してはいけないと思いました。

  4. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:03:12 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は、他人のプライベートなことを根掘り葉掘りいろんなことを聞いて、別の場所で「〇〇さんは××らしいよ」と話題にします。口が軽い人は自分については何も話すことがないから他人の話ばかりしたがるのです。

    口が軽い人は、自分に魅力がないかわいそうな人だと思えば、気がラクになります。

  5. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:03:29 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は他人の不幸は蜜の味だと思っているフシがあります。相手にすると別の場所で自分が話のネタにされます。口が軽い人には自分の情報は与えないようにしましょう。

  6. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:03:45 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は寂しがり屋です。その心理は話すことで注目されたい。認められたい欲求が強いので、熱心に自分の話を聞いてくれることに快感を覚えています。

  7. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:03:55 ID:f165b1482 返信

    他人の公にされたくないことを話すことは、職場の軋轢を生むだけで良いことはほとんどありません。もし職場に口が軽い人がいたら適度に距離を取り、耳にした話は他の人には流さないようにしましょう。

  8. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:04:05 ID:f165b1482 返信

    職場で口が軽い人はプライベートで友達がいない人が多い。友達がいれば友達と話して楽しむので、職場で他人の噂話をする必要がありません。

  9. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:04:14 ID:f165b1482 返信

    「人の口に戸は立てられぬ」ということわざがあります。もしあなたの職場に口が軽い人がいたら、他人に広められたくないことは話さないことです。

  10. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:04:24 ID:f165b1482 返信

    ・口が軽い人の心理について
    口が軽い人は、他人の私生活のことを知りたがります。それは自分自身の生活と比較しているのです。比べることで安心したり焦ったりしています。口が軽い人は自分の人生に対する満足度が低く、他人と比べることでしか幸福度を感じられないのです。

    ・口が軽い人の対処法
    もし口が軽い人からいろいろ聞かれたら、ネットで聞いた話などを適当に話してやり過ごしたり、マネできないくらいお金持ちの友達の話をして「すごいよね〜」「レベルが違うよね」などと言って自分の話をしないように対処しましょう。

  11. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:04:35 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は一見いい人に見えます。見た目からして優しい、話しやすい雰囲気を持っています。だからついしゃべりすぎてしまいます。しかし、それは罠です。後日、噂話のネタにされます。

    これは話をする側が差し障りのない話しにとどめるなど、話す内容に気をつけなければいけません。

    口が軽い人は、普段から噂話好きで社内の人達のことをよく話しているので、そこで判断することができます。

  12. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:04:44 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人の心理は、他人の秘密を話すことで「自分は何でも知っているんだ」「すごいんだ」という自己アピールをしたいのだと思います。言い換えると、自分自身に実力がないので、他人のうわさ話しかできない人です。

    口が軽い人と話をするときは話半分に聞き流すのがいいですし、悩みごとの相談などは控えたほうが良いです。

  13. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:04:54 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は、相手から話を聞き出す術に長けています。例えば、あなたが口が軽い人と飲みに行き、ちょっとしたことで上司について愚痴をこぼしたとします。そのときの口が軽い人は食い付いてきます。あなたに深く同調しながら「他にも嫌なところを教えてよ」とあなたの不満を根掘り葉掘り聞き出そうとします。

    あなたが話したことは翌日には上司が知ることになるでしょう。

    口が軽い人と話をするときは、差し障りのない話題を心がけましょう。話題が愚痴や悪口になったら、自分は話さずに聞き手に回るか話題を変えましょう。相手の誘導尋問に乗せられないように気を付けたいものです。

  14. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:05:06 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人は、話しやすくて人好きするタイプです。知り合ってすぐに仲良くしてくれるので、つい気をゆるしてしまいます。口が軽い人に打ち明け話をすると、そのときは神妙に聞いてくれるのですが、あとでその話を広めてしまうタイプの人です。

    口が軽い人の対処法は、自分のことについては多くは語らず意見せず、ニコニコと対処するのが一番です。

  15. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:05:15 ID:f165b1482 返信

    20代で初めて入社した会社は、憧れの職場だったので上司や職場の人たちのことを、きっとすばらしい人たちなんだと思っていました。

    ところが更衣室では下品な女性ばかりで、必ずいない人の悪口を言ってみんなで笑っていました。もし同調しないと自分がいないときに悪口を言われます。そのためすごくストレスを感じていました。

    男性のいるところでは媚びていて女性同士も仲良く見せていたり、態度が全く違っていて幻滅しました。男性の悪口や噂話も多くあだ名をつけて笑っていたり、幼稚過ぎてこれが私の憧れていた会社だったのかと落ち込みました。

    必ず中心になっている女性がいましたが「ここだけの話ね!」と言うのが口癖で、あちこちで言っているので翌日にはみんなに知れ渡っています。だから私はプライベートな話は一切しませんでしたし、悪口を聞かされた時には絶対にうなずかないと決めていました。最終的に思い付いたことは「そうなんだー」と、どっちつかずの返事をしてその場をさりげなく去ることです。

    結婚してママのコミュニティーが出来ても、同じようなことがありましたが、会社で揉まれたおかげで免疫力があり、上手くかわせるようになりました。

    口が軽い人は信用できませんね。

  16. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:05:27 ID:f165b1482 返信

    私が医療事務として働いていたときの話です。職場には50代の女性が3人いました。最初、入社したときは仲が良さそうに見えました。でも、次第に本性に気づくようになりました。

    私が一番びっくりしたのは、3人の中で2対1に分かれていると思いきや、1人がトイレに行くとさっきまでいがみ合っていた2人がくっついて仲良くしているんです。

    その3人には「職場の大事な仲間」なんてものはなかったんです。結局誰かの悪口を言いたいだけで、とにかく毎日の楽しみは、人の噂話や不幸話でした。

    あることないこと言っては、楽しそうにしていましたが、私はこの3人の女性を見て、こんな50代にはなりたくないと思いました。私の中で、人の悪口を職場で言うようなことは50代の人はしないものだと思っていたからです。3人とも子供がいてお母さんをやっているのに職場ではこんなに悪いことをしているなんて、子供はどう思うんだろうといつも思って見ていました。

    当然私も日々あることないこと言われて、初めの半年間はひたすら耐え続けました。最初は2人が私の悪口を言っていて、それでも仕事を頑張らなきゃと、毎日耐え続けていました。言われたことだけをやって、それ以外は何も話さないようにしました。

    すると、ある日3人の関係が決定的に割れた時があり、2対1に仲間割れしたときに2人組の人たちが私のところへ来て、1人の人の秘密を打ち明けてきたんです。内容は、絶対にばらしてはいけないようなことでした。

    きっと1人の人は、信用して2人に秘密を打ち明けたんだろうと思うと、ひどすぎて言葉になりませんでした。

    私は仕事のことで注意されれば謝るけれど、プライベートのことを言われたら怒るようにしていました。仕事上の付き合いの人に、プライベートのことまで言われる筋合いはないからです。メリハリをつけて、「怒らせると怖い」ということが分かったら、何も言わなくなりました。

    私が思う対処法としては、メリハリをつけて「怒っているときはしっかり意思表示をする」ことだと思います。

  17. 名前:匿名 投稿日:2020/07/12(日) 06:05:36 ID:f165b1482 返信

    口が軽い人には後ろめたいことは一切話さないことです。そうすれば相手は「口が堅い人」「何もボロを出さない人」と認識するので、あなたをうわさ話のターゲットから外します。