クラークの3法則

クラークの3法則はSF作家のアーサー・C・クラークが定義した3つの法則です。

その法則の内容は以下のとおりです。

    1. 高名で年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。反対に、不可能であると言った場合には、その主張はほぼ間違っている。
    2. 可能性の限界を測る唯一の方法は、その限界を少しだけ超越するまで挑戦することである。
    3. 十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。

第1法則は1962年の著書『未来のプロフィル』に収録されたエッセイに記述されていますが、第2法則に関しては、クラークは明記しておらずフランス語訳をした訳者が勝手に名付けたと言われています。

しかし、クラークは後に第2法則を明記したときに第2法則についても触れ、追認しています。

この第3法則が最も有名で様々な分野で引用されています。