チャルディーニの法則

チャルディーニの法則とは、社会心理学者のチャルディーニが提唱する人間の行動に及ぼす6つの要因とその法則のことを言います。

チャルディーニは著書の「影響力の武器」でこの法則を提唱していますが、この法則はマーケティング業界で最も活用されています。

人の行動に影響を及ぼす6つの要因

著書「影響力の武器」でチャルディーニは、人間は以下の6つの心理要因によって影響を受けていると唱えています。

    ① 返報性 ・・・ 好意を受けるとお返しをしたくなる心理
    ② 一貫性 ・・・ 自分の考えや行動に一貫性を持たせる心理
    ③ 社会的証明 ・・・ 行列ができるお店や流行しているものに価値があると感じる心理
    ④ 好意 ・・・ 好意を持っている人から勧められると価値を感じる心理
    ⑤ 権威 ・・・ 医師など自分よりも偉い、優秀だと思う人の言動を信じる心理
    ⑥ 希少性 ・・・ 希少性のあるものに価値化感じる心理

マーケティング業界では上記の要素を以下のように応用しています。
        ① 返報性 ・・・ 無料サービスや試供品は返報性の応用
        ② 一貫性 ・・・ 最初に簡単な要望に応えると難しい要求にも応じる可能性が高くなるため、アンケートに答えてもらいアンケートに関連した商品を勧めるのは、一貫性の法則の応用
        ③ 社会的証明 ・・・ 人気があることをアピールする、ランキング1位であることを強調するなどが社会的証明の応用
        ④ 好意 ・・・ 紹介者にサービスやメリットを提供して知人に商品を勧めてもらう
        ⑤ 権威 ・・・ 商品説明に権威者の紹介文を掲載する
    ⑦ 希少性 ・・・ 期間限定、会員だけのサービスなど