インナーチャイルド

インナーチャイルドとは、大人になっても残っている子供時代の思考パターンや習慣のことを言います。

インナーチャイルドはセラピストのジョン・ブラッドショーが、1993年に発行した著書の中で初めて使った言葉と言われています。

インナーチャイルドを生む原因としては幼少期の経験が最も多くなります。

特に子供の頃に受けた肉知的、精神的な暴力によってトラウマを植え付けられた子供は負の感情を持ち、それを解消できずに大人になることでインナーチャイルドを生み出します。

また、大人になりきれずに成長してしまうアダルトチルドレンとの関連も考えられていて、インナーチャイルドに対する治療がアダルトチルドレンにも効果があると期待されています。