上司への悪口の特徴


悪口はどこでも聞くことができますが、最も身近な悪口はやはり職場で多く聞かれるのではないでしょうか。

職場は一種の閉鎖された社会で、生まれも育ちも違う人たちが会社の利益という目標はありますが、自分の出世を念頭に置いて行動しています。

そして、中にはライバルを蹴落とそうと考えていたり、将来の伴侶を射止めようとしていたり様々な欲望も渦巻いている場所と言えるでしょう。

今回はそんな職場で交わされる悪口のなかでも、上司への悪口にはどんな特徴があるのかを考えてみましょう。

職場上司への悪口の特徴

職場で最も悪口の対象となるのはやはり上司であることには異論はないと思います。

なぜなら、部下の方が人数が多い上に命令を下す上司は反感を買いやすいからです。

部下を飲みに誘う上司への悪口

飲み会が好きな人でも、直接上司に誘われて飲みにいくのは嫌だという人は多いでしょう。

たとえそれが上司のおごりだとしても、おごったことを恩に着せたり、威張ったりする上司であればなおさらです。

部下を飲みに誘って威張っている上司は、出世を考えているとは思えません。

すでに出世は諦めていて今の立場を維持しながら、部下に威張り散らして楽しんでいるような上司です。

こんな上司をほめる部下はいませんので、悪口を言われても当然とも言えるでしょう。

しかし、そんな上司に付き合って飲みに行った上に、同僚に愚痴を言ったり上司の悪口を言ったりする部下にも問題はあります。

愚痴を言うくらいであれば最初から断ればいいだけの話で、実際に断っている同僚も多いはずです。

それもできずに飲みに誘われて悪口を言う部下は、仕事で上司に不満を感じていますが、おごってもらって飲んでいるので不満も言えず欲求不満をため込んで悪口を言っているだけなのです。

つまり上司に付き合わされて飲んでいる部下ほど、悪口を言う条件を持っていることになるので、せっかくおごっても上司は悪口を言われてしまうのです。

「今日はお腹の調子が悪くてお付き合いできそうもありません。

ごめんなさい」でいいと思う。

後は貴方の演技力!!

断るときは、お腹を押さえて、ちょっと悲しげな表情で言えば、あほな上司じゃない限り「残念だね」と言ってくれるんじゃないかな?

上司から飲み会に誘われましたが、今日は行きたい気分ではありません – 友… – Yahoo!知恵袋

リーダーシップがないことを非難する

上司としてリーダーシップをとれないことを非難する悪口はよく聞くことができます。

特に部下の意見をよく聞いてその意見を反映させる上司は、リーダーシップがないと悪口を言われるケースが多いようです。

しかし、部下の意見をよく聞いたとしても、丸々その通りに実行するのでない限り、部下の意見を反映させることは部下にとってもよいはずです。

それでも悪口を言われるのは、悪口を言う部下の理想とする上司像とは違っているからだけなのかもしれません。

リーダーシップのある上司というのは、仕事の方針をはじめとして誰が何をやるのかも上司が決め、仕事の進め方も上司が指示します。

こうしたやり方をリーダーシップがあると考える人が多いでしょうが、見方によっては自分が思ったとおりに仕事をさせているだけです。

つまり、自分の手となり足となって動く人がほしいだけなのです。

そのため、自分の思い通りに動く部下を優遇しがちになり、反対意見を述べる部下は排除するという行動を取ることが多いのです。

リーダーシップとはこうしたものだと考えている部下は、部下の意見を取り入れる上司はリーダーシップはないと感じるのです。

そのため、本当に部下のことを考えている上司でも悪口を言われる結果になることもあります。

えこひいきをする上司への悪口

日本では子供の頃から「えこひいきは悪いことだ」と言う教育をしているように感じます。

もとろん、先生が生徒をえこひいきするのは、ほとんどの場合悪いことですね。

特に義務教育であればすべての生徒は平等であるべきです。

しかし、その生徒のレベルにあった教育を考えるのであれば、すべての生徒に同じ教え方をするのもまたおかしいということになります。

しかし、それでも教育ではある程度平等な取扱は必要ですが、社会人となって企業で働く場合はむしろ平等であることはおかしいのです。

なぜなら、一人一人能力や実績が違うのですから、それに見合った評価が必要になるからです。

むしろ、えこひいきが当たり前の世界と言ってもいいでしょう。

筆者が会社勤めの時は堂々と「おれはえこひいきをする」と言っていた上司もいたくらいです。

それではなぜ、えこひいきをするという悪口を言われる上司がいるのでしょうか。

それは自分よりも仕事ができないと思っている人が高い評価をもらっているからです。

実績が数字で評価される職場であれば、誰の成績がいいのかは一目瞭然ですが、そうでなければ評価は上司次第というケースもあります。

しかし、数字で実績がはっきりしている職場でも、人事評価は実績だけではなく将来性や周囲との協調性も重視されることがあります。

特に日本では実績がよくても協調性がない人の評価は低くなりがちです。

自分で「あいつよりも実力がある」と思っている人は、そうした数字だけで考えていてそれ以外の要素は考えていないのです。

そのため、実力がないのに自分よりも評価されている、えこひいきしていると考えてしまいます。

しかも憤りを感じているのは自分が正当に評価されていないことではなく、自分が低く評価されていることなのです。

つまり自分が高く評価されていれば、その評価が正当なものでなくても満足して悪口は言わないでしょう。

えこひいきを理由に上司の悪口を言う人は、自信過剰で傲慢な人が多いのです。

まとめ

上司への悪口は的を射ているものもありますが、部下の間違った考え方や性格によって不当に悪口を言われているケースもあります。

みなさんは上司の悪口を言う前に、本当に正しい評価なのかを考えるようにしてみましょう。

時には同僚と意見交換をして、いろいろな考え方を知ることも大切です。

コメントを残す