悪口を言う側と言われる側どっちが悪い?

人の悪口は言うべきではないという話はよく聞きますが、悪口を言われるほうに非はないのでしょうか?

結論から言うとケースバイケースで変わってきます。

ここでは「悪口を言う側に問題がある場合」と「悪口を言われる側に問題がある場合」をそれぞれ解説していきます。

悪口を言う側に問題がある場合

容姿を悪く言う

「デブ」「ブス」「ハゲ」など容姿をけなすことは、悪口を言うほうが100%悪いと断言できます。

人の見た目は変えることができないので、これらについて悪口を言うのはやめるべきです。

嫉妬からくる悪口

「あの人は八方美人なので本心が分からない。」
「アイツは仕事ができるからといって最近調子に乗っている。」
など、美人だったり仕事ができる人を妬んで悪口を言う人もいます。

価値観の違いからくる悪口

例えば、飲み会が好きな人は飲み会に出ない人を「あいつは人付き合いが良くない」と悪く言うかもしれません。

しかし、飲み会に出ない人はプライベートを大切にしている人かもしれません。

この場合は、自分の心の中だけで思っていればいいことなので、悪口を言う人が悪いと言えるでしょう。

悪口を言われる側に問題がある場合

  • 不潔
  • 自分勝手
  • 態度が悪い
  • 約束を破る
  • 時間にルーズ
  • 人のものを盗む
  • 人を傷つけることを言う

このような理由で悪口を言われる場合は、悪口を言われるほうに落ち度があります。

また、民間企業は利益を追求するため仕事ができない人は悪く言われてもやむをえない面があります。