陰口を叩くな。面と向かって言えは正しいのか?

面と向かって言わずに陰口を叩く心理

「陰口を叩くのは陰湿だ。言いたいことがあるのなら本人に面と向かって言うべきだ。」
と言われたことはありませんか。

しかし、たいていの場合、不満があっても直接相手に言うことはなく陰口を叩くことが多いですよね。

その理由は次の通りです。

  • 相手に言うほどのことではない。
  • 相手が傷付く。嫌われたくない。
  • 気が弱い。直接言う勇気がない。
  • 面と向かって言うことは悪いことだと思っている。
  • 陰口を叩くことを楽しんでいる。共感する仲間を作りたい。
  • 自分の言い分は通らない、言っても解決にならないと思っている。
  • 相手のほうが強い、言い返される、ケンカになることを怖れている

上司でも部下に面と向かって言わない心理

基本的に言いたいことがあっても面と向かって言えないのは、相手のほうが強いからです。

もし自分のほうが強ければ、注意したりお節介という形で相手に直接伝えることができます。

しかし、上司でも部下に言いたいことがあっても面と向かって言わずに、第三者を通して伝えたり、みんなの前で話すことがあります。

その理由として考えられることは次の通りです。

  • その部下が苦手。嫌い。
  • 気が弱い。直接言うとパワハラと言われるのを怖れている。
  • 同じ失敗を繰り返さないために他の者にも注意喚起している。

中には本人に伝えることはせず、陰口を叩くだけの上司もいます。

この場合は陰口を叩くことを楽しんでいると言えるでしょう。

面と向かって言えという人の心理

「言いたいことがあるのなら面と向かって言え!」と言う人に本当に面と向かって言ったらどうなると思いますか?

結論から言うと逆ギレされます。

「面と向かって言え」という言葉はストレートに受け取ってはいけません。

その真意は「面と向かって言えと言っても言えないだろう。言えないことは言うな」と言いたいんです。

要は「陰口を叩くな」と言いたいわけです。

「面と向かって言え」と言うことで、陰口を言われなくなることを狙って言っています。

脅しで言っているわけですね。

また、「面と向かって言え」と言う人は、心の中では「この小心者が面と向かって言えるわけがない」とたかをくくっています。

だから本当に面と向かって言うと、言われた人は「生意気だ!」「調子に乗るな!」と怒り出します。

相手にとって嫌なことを面と向かって言うコツ

改善策とセットで

欠点を指摘するだけなら悪口です。

言われた相手は気分を害します。

面と向かって言うのなら「あなたのここがダメなのでこう直してほしい」と改善策を提示しましょう。

これなら悪口ではなくアドバイスになります。

下手に出る

下手に出るとは言い換えるとお願いをする形で言うことです。

例えば、「言いにくいのですが臭います。これからも仲良くしたいのでお風呂に入ってほしい。清潔にすることはエチケットです。分かってくれるかな?」という感じで言うといいです。