悪口を言われたときの言い返し方

悪口を言われたときに何も言わなかったり笑ってごまかしていませんか?

そのような態度を取るとなめられます。

「コイツには何を言っても大丈夫」と思われます。

逆に「あの人に悪口を言ったら面倒なことになる」と思われると、悪口は言われなくなります。

悪口を言われたら言い返すべきです。

言い返すコツは日頃から考えておく

言い返すコツは、日頃から「相手がこう言ってきたらこう言い返そう」と頭の中で考えておくことです。

そして、悪口を言われて言い返すことができなかった場合は、「あのときはこう言えば良かった」と反省しましょう。

汎用性が高い切り返しトークを覚える

悪口を言われたときに言い返すことができずにくやしい思いをしたことはありませんか?

実は言い返すことは難しいことではありません。

汎用性が高い切り返しトークを覚えておけばいいのです。

例を挙げます。

「きもい」と言われた場合。

  • 「だから何?」
  • 「何が言いたいの?」
  • 「お前のほうがきもい。」
  • 「それはお前のことだろ。」
  • 「あなたに言われたくない。」
  • 「そんなこと言うのは失礼だろ。」
  • 「きもいと言われて傷付きました。」
  • 「きもいじゃねーよ。なめているのか。」

これなら「バカ」とか「死ね」とか言われても同じように言い返すことができますね。

理不尽なことを言われたら聞き返す

理不尽なことを言われたら「オウム返し」が効果的です。

オウム返しとは相手が言ったことをそのまま聞き返すことです。

理不尽な言い分には根拠がないので、聞き返すと相手は答えることができません。

例を挙げます。

Aさん「これ〇〇さんのところまで持って行って。」

Bさん「何で僕が持って行かないといけないの?」

Aさん「…」

Aさん「これ捨ててきて。」

Bさん「何で僕が捨てないといけないの?」

Aさん「…」

押し付けがましい人への切り返しトーク

何かにつけて「ああすべきだ」「こうすべきだ」と言われるとうんざりしますよね。

相手に合わせているとずっと指図を受けます。

ビシッと言い返したほうがいいでしょう。

以下、押し付けがましい人への切り返しトークです。

  • 「俺に命令するな。」
  • 「それはあなたが言うべきことではない。」
  • 「何の権限があってそんなことを言っているの?」
  • 「自分のやり方があるので、好きにさせてほしい。」
  • 「それは私が決めることです。他人の指図は受けたくない。」
  • 「僕にも考えがあるので、このことについてはもう言わないでほしい。」